fc2ブログ
2011/01/05 (Wed) 瀬戸の小島01:女木島

今回は 年末に行ってきました 瀬戸の小島をご紹介します。

使用カメラ:OLYMPUS PEN E-P2
レンズ:9-18 & 14-42
ファインダー:電子ビューファインダー・・・買ってしまった^^

この島々を知ったきっかけは、夏頃に息子が訪れたからです。
ちょうどその時は「瀬戸内国際芸術祭2010」(7/19~10/31)の真っ最中。
島民の殆んどが高齢者となり 活力を取り戻すため、そして「希望の海」となることを目指し、
開かれたそうです。
しかし、ジイは その芸術祭にはあまり関心は無く、息子が写してきた石垣の塀などに
興味が涌き、普段の島を見たいし 写したかったのである。

01・高松港からバスにてJR高松駅へ

JR三ノ宮からバスも出ているが タクシーに乗って神戸港まで行った。

0時50分発の「ジャンボフェリー」だが 天候不順のためなかなか来ず、
結局1時20分の出港となった。
高松港へは5時20分着。 送迎バスでJR高松駅へ行くが、まだ真っ暗であった。
尚 これから島へ渡るフェリーは 駅から徒歩数分の所にある。

島への船は 島発(7時)なので、8時まで時間をつぶすのが 寒く辛かった。


7時40分 ようやく小さなフェリーが到着し、8時ジャストの出港である。
生徒さんたちも たくさん居たが、殆んどの方が小豆島行きの船を待っていたのである。
02・小さなフェリーに乗って

今回 まず最初に目指したのは 「女木島:メギジマ」である。
03・女木島へ

04・

港からは建物で邪魔になっていた「屋島」が見えた。
 下の写真は これから行く「女木島」。
05・屋島と女木島

8時20分 第一目的の女木島に到着した。
06・女木島着
このおばさんは 握手を求めているのでは無く、切符の回収員(島民)である。


乗ってきた船は「めおん2」で、右との兄弟船だ。
07・フェリー「めおん」

ジイは知らなかったが、「映画:めおん」の舞台でもあった。
08・映画:めおん

今回は行かなかったが 鬼ケ島でも有名とか。
バスと云っても マイクロバスで、訪れる客がいなければ出発しない。
09・鬼ケ島でも有名

券売所の横に「おにの館」があり、ストーブでしばらく暖をとった。
10・ストーブ

いよいよ島の散策である。
この島の特徴は 海からの潮風を避けるための 石を積んだ囲いである。
11・石垣の囲い

海に近い家の殆んどが 石の囲いを施してあった。
12・

13・

14・

フェリーから降りた人以外 島民を見かけないが、こんな素敵な窓ガラスを発見。
冬場すっかり落とした葉が よみがえった様に見えた。
15・ガラスの葉

第一島民とすれ違う。
もうすぐ正月だと云うのに、背中が寂しく思えた。
16・第一島民

17・石垣

浜から3本ほど奥の道。
ここまで来ると 石垣は見当たらない。
18・

こんな廃屋がいたる所にあり、人工の減少を肌で感じる。
19・廃屋

別の廃屋を ちょっと覗いてみた。
なんか さっきまで住んでいたような気がしないでもなく不気味だ。
実際 写真の下の方に 丸まった布団もあり、ブログではお見せ出来ない写真もたくさん撮った。
20・さっきまで住んでいたような
 ※ 8:58撮影


島で唯一のお店も閉まっていた。
21・唯一のお店も・・

砂浜へ出てみると、別荘の様な 派手な建物があった。
ちょっと似合わない様な気がするが・・
22・海の前の別荘
水を抜いたプールもあったが、敷石の割れ目からは 雑草が覆い茂っていた。

此処からは こんな素晴しい景色が見渡せる。
23・海岸の風景

24・花

陸に揚げられたボートの底には フジツボが沢山くっ付き、
海へ戻りたがっているのではないかと思った。
25・使わない船

女木島郵便局
26・女木島郵便局

壁に気味の悪い絵が描かれているが、これも芸術祭の名残か?
27・これもアートか?

学校は この小学校だけあるが、島を散策していても子供の姿を見かけることは無かった。
28・女木小学校

29・卒業生の記念
卒業生が残した記念絵画であるが、もう10年も経っているので、廃校or休校か?
30・卒業生の記念絵画

次の島へ渡るため 港へと戻る。

「おにの館」や防波堤にアートの名残である カモメがずらりと並んでいた。
31・女木島から男木島へ
20分ほど待ち、次の目的地である 「男木島」への船が来た。


3ケ月たらずの期間 芸術祭が行なわれ、活力を取り戻したかと云えば、
けっしてそうは思わなかった。


  昨年行なわれた芸術祭のパンフ
32・

  この様な島々である。
33・


08~10日は 続きの「男木島:オギジマ」をレポートします。


スポンサーサイト



カテゴリ:旅やドライブ  ジャンル:写真  テーマ:■旅の写真■

trackback(0)  comment(0)


<<瀬戸の小島02:男木島  TOP  光のルネサンス02>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://hasselart.blog46.fc2.com/tb.php/265-76e8ef54

  TOP  

プロフィール

ハッセルじいちゃん

Author:ハッセルじいちゃん
・・・・・・・・・・・・・

「ハッセルぶらっと」

ハッセルブラッドだけの
ブログを開設したい

そんな思いの命名ですが
 今やごった煮 ・・・

   

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード