fc2ブログ
2020/05/31 (Sun) レチナの時間 ⑨

 2011.06 一気に撮影日が飛びますが、
 フィルムの巻き上げレバーが不調で
 使用を控えていました。

01・


02・


03・


04・


05・


06・・



 ◎ レチナの時間 終わりです



スポンサーサイト



カテゴリ:京都  ジャンル:写真  テーマ:フィルムカメラ

trackback(0)  comment(2)


2020/05/30 (Sat) レチナの時間 ⑧

 2009.12 もう 師走なのに ・・・

01・
 亡霊も点景ってことで ・・・



02・


03・


04・
 孫の土産に買ったが ・・・



05・・



 ◎ Retina Ⅱc




カテゴリ:京都  ジャンル:写真  テーマ:フィルムカメラ

trackback(0)  comment(0)


2020/05/29 (Fri) レチナの時間 ⑦

 2009.11 レチナで通った東山界隈です。

01・


02・


03・


04・
 私好みの店構え。
 写すにはレチナカメラがいい。


05・・



 ◎ Retina Ⅱc




カテゴリ:京都  ジャンル:写真  テーマ:フィルムカメラ

trackback(0)  comment(0)


2020/05/28 (Thu) レチナの時間 ⑥

 2009.10の祇園界隈です。

01・


02・
 ある距離まで近づいて写すと格子が ・・・


03・


04・


05・


06・・




 ◎ Retina Ⅱc





カテゴリ:京都  ジャンル:写真  テーマ:フィルムカメラ

trackback(0)  comment(0)


2020/05/27 (Wed) レチナの時間 ⑤

 2009.09.27の撮影です。

01・

 撮影順とは違います。

02・


03・


04・


05・


06・・



 ◎ Retina Ⅱc




カテゴリ:京都  ジャンル:写真  テーマ:フィルムカメラ

trackback(0)  comment(0)


2020/05/26 (Tue) レチナの時間 ④

 2009.07.24の撮影です。

01・

 厳かに。

 賑やかに。
 
02・


03・


04・


05・


06・


07・・



 ◎ Retina Ⅱc




カテゴリ:京都  ジャンル:写真  テーマ:フィルムカメラ

trackback(0)  comment(2)


2020/05/25 (Mon) レチナの時間 ③

 レチナの時間 本日から京都に舞台が
 移ります。

00・

 小さくて可愛いレチナ。
 京都へ誘ってくれたのもレチナ。
 そんなフィルムカメラでお散歩です。


 記事は2009年の暑ーい夏から始まります。

01・


02・


03・


04・


05・


06・・



 ◎ Retina Ⅱc




カテゴリ:京都  ジャンル:写真  テーマ:フィルムカメラ

trackback(0)  comment(0)


2020/05/24 (Sun) レチナの時間 ②

 当分の間 レチナの時間 が続きます。


 大阪・北区のビルの谷間に佇む建物で
 当時はこのような店が入居していた。
01・

 
02・


03・


04・



 フォトショで多少の補正をしているが
 色の深さはバツグン。
05・・



 ◎ Retina Ⅱc




カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:フィルムカメラ

trackback(0)  comment(0)


2020/05/23 (Sat) レチナの時間 ①

 緊急事態宣言もようやく解除になりました。
 しかし、手放しでは喜んでいられず
 しばらくは自粛したいと思っています。
 
 時間もたっぷりあり、以前の写真をテーマ別に
 チョイスしたら莫大な数となり、今日からは
 毎日更新といたします。


 今回はちょっと可愛いフィルムカメラでの
 写真です。
 
01・

 あるお店の広告で、レチナカメラを知った。
 さっそくお店で感触を確かめて即買い。
 そんなに高くはなく3万前後で売られていた。

02・

 このお店ではⅡcを買い、後に銀座
 レモン社などでⅠ型やⅡa型を買い、
 沼にはまりそうになった。

 そう、レチナは 「 レチナ沼 」という言葉があり、
 型・レンズ・シャッターなどが年式によって
 多々あり、揃えるには深ーい沼にハマる
 ことになる。


 当初は撮影データを記録していた。
03・


04・


05・


06・・

 購入してしばらくは大阪の街でシャッターを
 切ったが、後に京都・祇園で楽しむことに。


 今回のブログは Ⅱc での撮影で、
 私が小学校入学のころの製造なので
 色の片よりは生じるが、赤色は綺麗に出た。




カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:フィルムカメラ

trackback(0)  comment(2)


2020/05/21 (Thu) 35ミリ・ポジ写真 ⑨

 延々と引っ張ってきた35ミリ・ポジ写真
 今回で終了です。


01・
 1993.08 富士吉田
 ズーム・ニッコール35-105mm F3.5 30分

 家族旅行で富士山周辺へ行った夜、
 ホテルの部屋から30分の露光をかけた。
 子供たちが寝る時間でもなかったので
 「絶対窓を開けたらアカンで!」 と。
 


02・
 同じホテルの朝。 F5.6 1/15秒

 朝焼けを期待したがどんどん白けてきた。

 

03・
 1993.11 宝塚・上佐曾利地区
 マイクロニッコール 105㎜ F3.5 1/15秒

 紅葉を目的に ある神社へ行ったが
 この年は終わっていた。
 あちこち走り回って夕日を受けるシダを。



04・
 1994.01 豊能町・野間口
 マイクロニッコール 105㎜ F5.6 1/15秒

 撮影地への途中、田畑が白く光っていた。
 車を停め霜を踏まないよう注意しながら
 絵になる部分を探した。



05・・
 1994.01 亀岡・旭町
 マイクロニッコール 105㎜ F3.5 1/15秒

 偶然停めたスペースでの一枚。
 もしかしてズボンにくっつくヤツか?



 ◎ ニコンF2 フォトミックA


 ※ 次回は レチナの時間 を予定しています。




 ” 日々の徒然 ”

  撮影に行けない日々が続いています。
  油断をするとカメラのバッテリー容量が 0 に。
  そうなる前に充電しなければ日付や
  各種設定が狂ったり消えたりします。
  そんな話を息子としていたら
  「 そういえば・・・ 」 と持ってきたのは
  懐かしい電子手帳だった。

06・

  私も出してきてスイッチを入れた。
  単3電池1本で作動するのですが、
  まだ電池は生きていました。
  ただ、カレンダーが1998年あたりになって
  いたので、電池を入れ替え2020年に
  再設定。
   
  これはシャープの WIZ といって
  ザウルスの弟です。




カテゴリ:花や風景  ジャンル:写真  テーマ:フィルムカメラ

trackback(0)  comment(0)


2020/05/19 (Tue) 35ミリ・ポジ写真 ⑧

01・
 1992.10 亀岡・西別院町
 シグマ・レフレックス 600mm 
     絞り固定:F8 1/125秒

 薄い記憶だが、友人が持っていたレンズと
 交換した。
 今まで使っていたレフレックス500mmより
 ピントがシビアになった。



02・
 1992.10 同じ場所。
 シグマ・レフレックス 600mm

 空を背景に選んだこの写真と
 山影を背景にした写真を撮った。
 共に露出のお勉強である。



04・
 1992.06 兵庫・社町 フラワーセンター
 マイクロニッコール 105㎜ F2.8 1/125秒

 メイン部分が真ん中すぎるが、当時の
 私はこれで満足。



05・・
 1993.04 奈良・西光寺
 ズーム・ニッコール 35-105mm F8 1/60秒
 
 室生寺から南の坂を上ると小さな
 お寺が見えてくる。
 春になると一本の枝垂れが咲き、
 城之山桜と呼ばれている。

 何度か訪れたある日、2m以上もの
 長く大きな三脚を立て、脚立に登って
 大型カメラで桜を撮影されていた。



 ◎ ニコンF2 フォトミックA



 ” 日々の徒然 ”

  昼前、単車の音でポストを覗いてみたら

  ようやくあのマスクが投函されていた。

06・

  最近はスーパーでも箱入りで

  売られていて、今更って感じもする。


  こんななぞかけがある。

  「布マスク」とかけまして
  「森友学園や桜を見る会」と解きます。

  その心は

  「口封じに使います」


  おみごと!

  それで一人だけが頑なに使ってるんや!




カテゴリ:花や風景  ジャンル:写真  テーマ:フィルムカメラ

trackback(0)  comment(4)


2020/05/17 (Sun) 35ミリ・ポジ写真 ⑦

 もうしばらく35ミリ・ポジ写真が続きます。

01・
 1986.05 大阪 豊能町・吉川地区
 マイクロニッコール 105㎜ F8 1/30秒

 狭い国道を北上中、獣道ほどの道が
 山中へと続いてた。
 何かに導かれたように坂を上ったら
 数十本のキンランが咲いていた。

 その後、行きつけの四駆専門店で当時の
 4×4マガジン社の専務取締役・副社長と
 編集長が来られていた。
 私を紹介され、名刺を頂き色々と関わる
 事となり、この写真が紙面に載りました。

 

02・
 1986.07 滋賀・甲賀町
 マイクロニッコール 105㎜ F8 1/60秒

 いとこの案内で滋賀の湿地へ連れて
 いただいた。複雑にからんだ林道を
 走りまくり、ようやくたどり着いたら
 湿地には真っ白なサギソウが点々と
 咲いていて、中にはトキソウも混じる。

 数年後、湿地は無くなりゴルフ場となる。



03・
 1987.01 京都・長野集落
 ズーム・ニッコール 35-105mm F5.6 1/125秒

 陽の射した一瞬。



04・ 
 1987.07 京都・北区大森地区
 ズーム・ニッコール 35-105mm F11 1/500秒

 趣のある木橋で、大森となっているが
 どこなのか記憶が飛ぶ ・・・。



05・・
 1992.05 滋賀・多賀町山中
 マイクロニッコール 105㎜ F2.8 1/30秒

 滋賀・永源寺ダム上流でテントを張った
 翌朝のワンシーン。



  ◎ ニコンF2 フォトミックA


 ※ ダイレクトプリントをスキャンして
   デジタル化しています。




 

カテゴリ:花や風景  ジャンル:写真  テーマ:フィルムカメラ

trackback(0)  comment(0)


2020/05/15 (Fri) 35ミリ・ポジ写真 ⑥

 ここからはポジ・アルバムの二冊目です。

01・
 1986・04 京都市・途中峠
 マイクロニッコール 105㎜ F5.6 1/60秒

 ミヤマカタバミは白色で大きく、一般的な
 カタバミより葉の形が三角形をしている。

 四駆(ランクル)を買ったころは家族で
 林道へ入り 山野草や清流を楽しんだ。
 滋賀県・永源寺ダムの上流からさらに
 支流へ入ると、わずかな範囲で違った色の
 ミヤマカタバミが咲いていた。
 ググルと淡いピンクから紫色を滋賀で見た
 との記事があったが同じ場所なのか?
06・
 昼食時、ブルーシートにナナフシ
 落ちてきたのもこの時であった。



02・
 1986・04 滋賀・途中峠 ヤマルリソウ
 マイクロニッコール 105㎜ F5.6 1/60秒

 この花は個体によって薄いのから濃い
 青紫まである。

 この付近にはツツジ科のイワナシという
 小さな野草も自生しているが、プリント
 していなかった。
 ヤマセミを見たのも同じ場所だが、
 近年 トンネルが開通して、この道へは
 ガードレールで閉ざされてしまった。



03・
 1986・04 滋賀・途中峠
 マイクロニッコール 105㎜ F4 1/125秒

 同じ場所に不法投棄されていたTVの
 裏面ボードにルリタテハがいて、何度も
 同じ場所に止まった。



04・
 1986・04 滋賀・途中峠
 マイクロニッコール 105㎜ F8 フラッシュ

 川へ下りたら水際が変色していた。
 よーく見たら ・・・ ・・・

 何千・何万のカゲロウだ!。



05・・
 1986・04 滋賀・途中峠 ニリンソウ
 ズーム・ニッコール 35-105㎜ F8 1/60秒

 場所柄ダンプが行き来するので
 手際よく撮影をした。



 ◎ ニコンF2 フォトミックA 




 ” 日々の徒然 ”

  猫の額ほどの花壇にシャクヤクが
  咲きました。

07・




カテゴリ:花や風景  ジャンル:写真  テーマ:フィルムカメラ

trackback(0)  comment(2)


2020/05/13 (Wed) 35ミリ・ポジ写真 ⑤

01・
 1985・07・12 長野・霧ヶ峰高原
 ズーム・ニッコール35-105㎜ F4 1/30秒

 早朝の高原はすごく寒いが日中は暑かった。 
 連日の晴天で星の多さに驚く。



02・
 1985・07・13 メルヘン街道にて。 
 35-105mm F8 1/250秒

 雲の中の小さく黒っぽいのはグライダー。



03・
 1985・07・13 八千穂高原
 マイクロニッコール 105㎜ F4 1/500秒
 湿原に咲くマツムシソウ。


 麦草峠にある小道へ入るとリンネソウ
 という可憐な花が自生していて、最初に
 訪れたときには沢山咲いていた。
 植物学者・カール・フォン・リンネが愛した
 花で和名になった。


 2008年6月 息子と旅行のさいに麦草峠へ
 寄ったが、宿泊施設が出来ていて
 リンネソウが自生する小道は消滅していた。

07・

 峠からすこし下ると白駒の池があり、
 日本最高の美女・ホテイランが苔むした
 倒木の間から顔を出すという。

 


 ※ 蓼科方面の写真はここまで。




04・
 1986・04 能勢町・黒川
 マイクロニッコール 105㎜ F5.6 1/125秒

 キンランを写しに出かけたのだが
 ひと月も早かったので咲くわけがない。
  

05・
 1986・04 京都・周山
 ズーム・ニッコール 35-105mm F8 1/125秒
 けっこう山奥で、4月でも薄氷が張っていた。

 ※ 上の写真を使って、後にこんなCGを作成。

06・・



 ◎ ニコンF2 フォトミックA


 ※ ここまでが一冊目のアルバムで、
   15日からは二冊目になります。

  引き続きよろしくお願いいたします。
   

 ※ ダイレクトプリントをスキャンして
    データ化しています。



 ” 日々の徒然 ”

  ずーっと外出を控えていて
  未だに会いに行けないのが
  残念です。

08・

  


カテゴリ:花や風景  ジャンル:写真  テーマ:フィルムカメラ

trackback(0)  comment(0)


2020/05/11 (Mon) 35ミリ・ポジ写真 ④

01・
 1985・07・10 長野・蓼科高原
 マイクロニッコール 105㎜ F4 1/60秒
 ヤマオダマキ 和田峠付近にて


 初めて蓼科へ行った時の車はシビック。
 山中の林道に大きな石が顔を出していた。
 「アッ!」と思ったが間に合わず、通過のさい
 底をこすってマフラーが外れてしまった。  
 それからは暴走族のような爆音で宿泊地まで
 行った。
 翌朝、GSに寄ったら修理工場の方が来て
 いたので溶接をしてもらった。
 火花が飛び、熱! 熱! と言いながら
 作業をしてくださり、高くつくだろうなと
 思っていたが五千円で済みありがたかった。
 その時、四駆が欲しく思った。

 それから数年後願望が実り、ランクルで
 キャンプをしながら蓼科方面へ行くことに。



02・
 1985・07・11 霧ヶ峰高原にて
 マイクロニッコール 105㎜ F4 1/1000秒



04・
 同じ所。
 ズーム・ニッコール 35-105mm
     F8 1/125秒

 移動でのキャンプなので一日が早い。
 この日の夜、駐車場でミニコンサートが
 開かれていて、松島トモ子が来ていた。



05・・
 翌朝。 35-105mm F4 1/15秒

 早くに目が覚めた。 霧ヶ峰の朝は寒く、
 何張かの人が起きていた。



03・
 1985・07・12 長野・ビーナスラインにて
 ズームニッコール35-105mm F5.6 1/250秒 

 今日は最後のキャンプ地を目指す。



 ◎ ニコンF2 フォトミックA




 ” 日々の徒然 ”

  暖かくなって手の爪がよく伸びる
  ようになった。
  庭のエビネも葉が顔を出しているころ
  と思い、茂みから出してみた。
  もうとっくに伸びていてもうすぐ花芽も
  出てくるだろう。

06・




 

カテゴリ:花や風景  ジャンル:写真  テーマ:フィルムカメラ

trackback(0)  comment(6)


  TOP  next >>

プロフィール

ハッセルじいちゃん

Author:ハッセルじいちゃん
・・・・・・・・・・・・・

「ハッセルぶらっと」

ハッセルブラッドだけの
ブログを開設したい

そんな思いの命名ですが
 今やごった煮 ・・・

   

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード