2011/05/30 (Mon) ぎおん そぞろ歩き 02

 前回の石塀小路からの続きです

つづら折れを曲がりきったところ
20・デュ・ランの前

目線を下げると 和風喫茶デュ・ランの玄関
いつもきちんと揃えてある下駄が可愛いです
21・玄関

22・
22・

23・
23・

24・ねねの道と交差する場所
24・

25・偽の芸舞妓でも チントンシャンの音が聞こえてきそう
25・

26・僕たちは撮らないの?   撮ります撮ります!
26・

27・で、こんなのどうでしょう
27・

28・
28・灯り

29・葉の黒点はキズでしょうか?
29・キズでしょうか?

いいえ 虫です
30・いいえ 虫です

再び石塀小路へ戻ってきました

31・石垣から出てきた笹と・・・
31・

白花のタツナミソウも
32・白いタツナミソウ

33・
33・

34・揺れるので 何度も撮り直しです
34・

35・
35・

35-2・
35-2.jpg

36・夕暮れちかい花見小路
36・

01・祇園漫ろ歩き図

 そぞろ歩き 01:02のレンズ
   ZEISS PLANAR T* 50/F2
   フォクトレンダー NOKTON 25/F0.95

 6月01~02日と03~04日は、再び大阪駅をDesignします

スポンサーサイト

カテゴリ:京都  ジャンル:写真  テーマ:■京都を撮る■

trackback(0)  comment(5)


2011/05/28 (Sat) ぎおん そぞろ歩き 01

 最近時間に余裕が出てきましたので、久しぶりに京都・祇園へ行ってきました。
いつもの様に 「ねねの道」まで興味深々にそぞろ歩きです。

01・祇園漫ろ歩き図

四条大橋を渡ったところの南座とやや向いにある北座跡地。
02・

明治26年 四条通の拡張のため 取り壊され、
その跡地に井筒八ツ橋のビルが建ちました

02-2跡地の石碑

03・祇園白川のほとりにて
03・祇園白川のほとりにて

04・おなじみ 料理旅館:白梅
色をすこし抜き、渋くしました
04・料理旅館・白梅

05・白川の主とも云える、アオサギのおうちゃん
旅館:白梅の若女将が名づけ親だったと思うが
05・祇園白川の主

06・辰己大明神
よくCMにでてきますよね。
06・辰己大明神

07・今回は のれんがたくさん出てきます
07・

08・「・・・」 ← この意味は何??
08・

09・
09・

10・花見小路で 真っ先に目につくのが、この「お茶屋・一力亭」
MFレンズを使い のれんが開いた瞬間です
10・お茶屋一力亭

11・(07)と どちらかが本店でしょうね
11・

12・花見小路  格子窓から
12・

13・クレマチスの淡い表現
13・クレマチス

14・切り抜いた部分はどこへ?
14・

15・安井金比羅宮にて
15・安井金比羅宮にて

16・
16・

17・石塀小路:ギャラリー和田
御用聞きさんが来られていたので、裏玄関が開いていました
17・ギャラリー和田の玄関にて

18・石塀小路らしさがよく出ている つづら折れの場所です
18・石塀小路

19・18と共に ピントの位置を変えてみました
19・


 30~31日も この続きです

カテゴリ:京都  ジャンル:写真  テーマ:■京都を撮る■

trackback(0)  comment(7)


2011/05/26 (Thu) CityDesign 西梅田

西梅田とよばれるビル街を ぶらぶら撮り歩いた写真です


01・泳ぐかつお節に見えませんか?
01・泳ぐかつお節

02・
02・時計台

03・
03・

04・
04・

04-2・ビルの谷間の浪漫倶楽部   大正時代にタイムスリップした感じ
04-2浪漫倶楽部
 浪漫倶楽部の情報を得ようと検索しましたが、不動産他 食べ物屋の情報ばかり
 さすがは大阪 食いだおれの街ですね


 浪漫倶楽部の場所と その周辺
img645.jpg

 空からみた西梅田
img644.jpg

05・
05・

06・
06・

07・
07・

09・
08・

10・
09・

11・
10・

12・
11・

13・長いですねぇ    どちらも・・・
12・

14・
13・

15・NOKTON 25㎜ f0.95の開放ではフレアーが出ましたが、いい感じ (シャガの花)
14・

16・ビルに突っ込む阪神高速道路!
15・

18・バスターミナルにて
16・

 ※ 主にPENでの写真ですが、一部にレチナⅡcやSONYαNEX-5も混じっています。


 28~29日は 久しぶりの 祇園そぞろ歩き です


カテゴリ:大阪  ジャンル:写真  テーマ:街の風景

trackback(0)  comment(4)


2011/05/22 (Sun) 西宮名塩ニュータウン02

 前回の続きです。

日中にカメラをぶら下げてるおっさんなど ジイ以外見かけません。
個々の住宅も魅力あるデザインなのですが、不審者と思われたくないので写しませんでした。

16・
16・

17・
17・

18・
18・

19・
19・

20・
20・

21・飛び込み台みたいに見えますね。
21・

22・この映りは下界の景色?
22・

23・そう 下界の景色です。
23・

24・
24・

25・
25・

26・
26・

27・
27・

28・興味のある穴。
28・

落ちてしまった!
29・落ちてしまった

30・


 ”日々の徒然 ”

農業公園で咲く薔薇の下見での写真です。
N01・
B_0209609.jpg

N02・黄色いタンポポですが めちゃプラス補正していますので真っ白。
へそ曲がりなジイにはぴったりの表現^^
B_0209615.jpg

N03・
B_0209608.jpg

N04・
B_0209588.jpg


バラが咲いた


 24~25日は、「切写」です


カテゴリ:兵庫  ジャンル:写真  テーマ:街の風景

trackback(0)  comment(3)


2011/05/20 (Fri) 西宮名塩ニュータウン01

 ◎ 在庫写真から

20年ほど前、オオナンバンギセルなどの植物が咲いていたススキの原に、
莫大な費用をかけ 住宅ができました。
西宮名塩ニュータウンで、愛称を「創造の丘 ナシオン」と云います。
1991年「街開き」が行なわれ、建築家の遠藤剛生氏も都市計画に参加。

ジイとこからは、JRで30分と近いので、今回初めて訪れました。

JR宝塚駅を過ぎたら もうそこは山間部。
両方のトンネルの間に 西宮名塩駅があります。
01・西宮名塩駅

三田・福知山方面から電車の音が・・・
02・新型特急こうのとり
最近出来た 新型特急こうのとりが通過しました。


03・西宮名塩ニュータウン:ナシオン
03・名塩のベッドタウン

04・いつも中国自動車道から見えていた 斜行エレベーター。
高速道からだと、もっと そそり立って見えます。
04・斜行エレベーター

05・斜行エレベーターは2本あり、間と両側は階段になっています。
05・乗り場

06・約200段もある階段。
JRの営業時間内は エレベーターを利用できるんだそうです。
06・階段は約200段
エレベーターが来るのに時間がかかり、歩く人もいるそうなので、ジイも階段を利用しました。


登ってみたは良いものの、真ん中あたりで息切れ。 きつくて運動にはなりません(><)
07・階段を上りました

どうにか上って 下を見たら、同じ様に階段を上ってくる女性が。
08・同じ様に 上がってくる人

09・エレベーターのてっぺん。
09・てっぺん

10・何のオブジェ??
10・??

11・
11・

12・遠方ふたつのビルは宝塚市内で、その ずーっと向うに伊丹市の大阪空港があります。
12・宝塚市内&大阪空港方面を望む

13・雲が低いときは、この辺りも雲の中。
13・雲上の街

こんな格好良い建物以外にも、マンションや個建住宅があります。
14・

15・

 22~23日も この続きです。


”日々の徒然 ”

19日の夕方、花の水やりをしていたら、アッツ桜が一輪咲いていました。
三年ぶりの開花です。
アッツ桜
 PEN E-P2 コシナ製ツァイス プラナー50㎜ f4 1/125秒 iso400 クローズアップレンズ(2)
 pm6:15撮影


カテゴリ:兵庫  ジャンル:写真  テーマ:街の風景

trackback(0)  comment(3)


2011/05/18 (Wed) JR大阪駅

 大阪駅が5月4日にリニューアルオープンしましたが、
すこし前から写していたものを公開します。

01・大阪駅の顔でもある正面  「どう?」  「・・・  ・・・」
01・大阪駅

02・両方の建物をつなぐ大屋根  「どう?」  「・・・  ・・・」
02・

03・2階の正面
中央の四角いものはTVで、2台で なんと¥100.000.000もするんだそうです。
03・

04・5千万もするのに つまらん番組です^^
04・5千万もするのに つまらん番組

05・階段を上ると「時空の広場」だそうですが、まだ入れません。
05・

06・「見せ場」と呼ばれている大屋根。 「どう?」  「・・・  ・・・」
06・

07・せっかくのリニューアルなのに、邪魔なのが このホームの屋根。
架線などがあるため、取りはぶくことが出来ないそうです。
07・邪魔なホームの屋根

08・
08・

09・
09・

10・薄毛のガリバーも見物^^
10・薄毛のガリバー

こちらにも 薄毛のおじさんが・・・
いや 違った。 花とおじさん です。
11・花とおじさん

12・花とおじさん

駅前の横断歩道にて   「わたちが一番よ」
13・わたちが一番よ


 4日の箱館山ではフィルムカメラも使ったので、
 現像がてら 新しくなった大阪駅の様子などを写しました。


14・あの5千万のTVですが、周りが明るいので こんな映り。
  土地付き住宅が 数軒買え、勿体ない話だと思うのですが。 
14・勿体ない

15・時空の広場へ上るエスカレーターから。
15・

広場へ上ると、
「立ち止まらないでください!」 「混雑の原因になりますので、写真はお断わりします」
で、一秒だけ止ってパシャリ!
そのまま列についていくと、行きたくもない 百貨店の中へ。
16・時空の広場は通り抜け
なにも買い物はしないので、そのままUターン。

オープンしたてなので 大混雑。
すこしマシになったころに写そうかと思っています。


 20~21日は 電車で山手へ30分の「西宮名塩ニュータウン」です


カテゴリ:大阪  ジャンル:写真  テーマ:撮ってみた

trackback(0)  comment(8)


2011/05/16 (Mon) 農業公園の牡丹

すこし前の写真です。

そろそろ牡丹が咲く頃なので、買い物がてら PENに3本のレンズを用意して
近くの農業公園へ行ってみました。


背丈の低い菜の花が入口を飾っていたので いつもの様にボケ写真を。

01・
01・

02・
02・


広場では 上も下もボタン桜がびっしり。

03・
03・

04・
04・


花菖蒲園を囲むように 牡丹の花が咲き誇っています。
以下ずずーっと 牡丹が続きますが、花びらの質感を出すのは難しいですね。

05・
05・

06・
06・

07・
07・

08・
08・

09・
09・

10・
10・

11・
11・

12・
12・

13・「七福神」と名がついていましたが、全国共通なのか??
   個人的には この色が一番好きです。
13・

14・
14・


 18~19日は JR大阪駅から

カテゴリ:花や風景  ジャンル:写真  テーマ:季節の花たち

trackback(0)  comment(4)


2011/05/14 (Sat) 朽木の続き

 前回の続きです

何度も杉林を抜け、山神神社へやってきました。
初めて社の中へ入ると、天井は無く、茅葺が丸見え。
01・山神神社

02・鳥居の横の 2m四方に咲いていたヤマエンゴサク
02・ヤマエンゴサク

5月だと云うのに いたる所で雪が残っていました。
今年は相当降ったのだと思われます。
03・雪が残る

奥の杉林の白い部分は残雪。
真ん中の枯れ木が気になるので、下りてみました。
04・

05・なんだか 動物の骨格見本のようにも見えますが・・
05・動物の骨格見本

06・
06・

07・枯れススキも雪の重みでペッチャンコ
07・農村

08・そんな中、小さいけど存在感たっぷりの山桜。
08・存在感たっぷり

また しばらく走ります。


09・ 2009年の冬  十字架を背負ったキリスト様に見えた枯れ木が・・・
09・十字架を背負ったキリスト様

10・ 2010年の春は 緑のマントで着飾っていました。  しかし・・・
10・緑のマントをで着飾ったキリスト様

11・今年 とうとう力尽いたキリスト様が そこに横たわっていました。
11・倒れてしまったイエス キリスト

12・
12・

13・農道を走っていたら、動く石が・・・
13・動く石

横断中の亀でした^^
14・


 今度は 動くしめ縄 と思って写したら・・・
 
 だれか ほどいてあげて下さーい。
15・ほどけない
 こんな写真を載せて ごめんなさい!
 これでジイの株が 大暴落しましたね


15・朽木の春はおそく、今が一番綺麗な時期なのでしょう。
15・春を迎えて

16・イカリソウ
16・イカリソウ

17・横縞はないけど ミツバチなのかな?
レンズの先端から10cmですが 逃げませんでした。
17・

大津市伊香立途中町あたりまで戻ってきました。

登山道?
18・

この階段の先は・・・
19・

ごらんの様に まだまだ続いていたのです   だれか 挑戦しませんか!
20・

21・今回のコース

GWは 箱館山でも汗ばむほどの陽気でした。
湖西道路に入るずっと手前から、名神の京都東ICまでの23kmが びっしりと渋滞しましたが、
名神はスイスイ。 なんの渋滞だったのか。


 16~18日は、買い物がてらに寄った 農業公園の牡丹です


カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:季節の風景

trackback(0)  comment(4)


2011/05/12 (Thu) 滋賀:箱館山と朽木の おそい春

 5月3日の夜 息子が「明日の朝から友人と出かける」と言い出したので、
ジイも4日の早朝から滋賀県の山へ出かけました。

まず 目指したのは、近江今津の箱館山です。
昔は四駆でないと入れない ガタガタの地道でしたが、
近年 舗装もされ、シャコタンbBでもスイスイ。

昨年の春に お目当てのイワカガミが咲いているんじゃないかと訪れたのですが
とっくに終わっていました。

でも 今回は咲いていましたよ。

01・地図

 5時に出発したので渋滞も無く、京都東ICまでの名神はスイスイ。
 そこから 無料になった湖西道路やR161も快調に走ります。

02・途中の北小松でわき道に入ると、バスフィッシングを楽しむ船が。 
02・バスフィッシング

03・近江今津からR303を少し走り 右折で農道に入ると、一部が田植えもすんでいました。
03・もう田植えのころ

04・朝露ひかる穂
04・朝露ひかる麦畑

05・菜の花畑ですが、どう云う訳か こんな形。
真ん中の菜の花は大将か?
05・菜の花畑

06・虫の目線で見たレンゲ。
06・レンゲ

07・今から向う 箱館山です。 (標高547m)
07・箱館山

08・春霞と黄砂の影響で 眠たい写真を起こしましたが、起こしすぎたかも。(琵琶湖・北部)
08・琵琶湖

09・お目当ての花が咲いている場所で バイカオウレンを発見。 
この花が咲いていたとは 想 定 外 でした。
09・バイカオウレン

10・目的の花は このイワカガミで、葉が大きいところから オオイワカガミといいます。
10・オオイワカガミ01

葉にツヤがあるので カガミ(鏡)と云うのです。
11・オオイワカガミ02
もう少し 先へすすむと、イワウチワもあるらしいのですが、今回はここで下山し、
R303からR367(鯖街道)を少し走り、R783の朽木の山奥へ移動。

12・移動中の風景
12・

13・R783を走っていると、四駆などの墓場が。
13・四駆の墓

14・そこで ひっそりと咲くミヤマカタバミ
14・ひっそりと咲く

15・花は白で、たまに薄紫の花も見かけます。
普通のカタバミと違い、葉は三角形をしています。
15・ミヤマカタバミ

16・ヤマルリソウ  白っぽいのから濃い花まで 固体差があります。
16・ヤマルリソウ

17・側に滝など 水があると、よく見かけるチャルメルソウ。
17・チャルメルソウ

拡大すると よく分かるのですが、チャルメラ(ラッパ)の形から名が付きました。
18・拡大


 (今回使用したカメラとレンズ)
19・今回のカメラ&レンズ


 14~15日も この続きです。


カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:季節の花たち

trackback(0)  comment(6)


2011/05/10 (Tue) 近所で写した花

 まずは ”日々の徒然 ”から

今 家の庭で咲いている花たちの写真を追加しました

◎ 玄関先
_0078706B.jpg

◎ 吊るしてある白花セッコク
_0078709B.jpg

◎ 左は 白と紫のコバノタツナミソウ  右は 名の分からないランです
_0078710B.jpg

◎ 左:ピンクのセッコク  右:ジエビネ
_0078716B.jpg



 では、近所の風景と花です

01・新緑のきれいな並木
01・

02・ハナミズキ
02・

03・平成5年 市の木に選ばれました
03・

04・見事に咲かせてますねぇ
04・お見事!!

05・これもすごい!
05・これもすごい!

06・どこで咲いてるの?
06・どこで咲いてるの?

07・ 「!!!
07・


 12~13日は、GW中に行った、滋賀県の山からです

カテゴリ:花や風景  ジャンル:写真  テーマ:ある日の風景や景色

trackback(0)  comment(4)


2011/05/07 (Sat) 御室の桜02

 御室仁和寺の続きを レチナ色で。

11・キツネノボタン ? それとも ウマノアシガタなのか??
11・

12・境内に咲く 山つつじ
12・

13・
13・

14・
14・

15・
15・

16・
16・

17・御室のトンネル
17・

18・
18・

19・
19・


 ☆ ジイからのお知らせ

 多忙につき 当分の間 撮り溜めた写真や買い物がてらに写したのを綴っていきますが、
 GWの4日(水曜)だけ 滋賀県の山へ写しにでかけましたので、近い内に更新します。

 10~11日は 家の近所で咲いていた花ですが、
 最後の一枚は「!!!」ですよ^^


カテゴリ:京都  ジャンル:写真  テーマ:季節の花たち

trackback(0)  comment(5)


2011/05/04 (Wed) 御室の桜01

背丈の低い桜で有名な 御室仁和寺へ行ってきました。
近年まで根の下は硬い岩盤のため背が低いとされてきましたが、
調査の結果 粘土質と判明。
しかし、土中に酸素や栄養分が少なく、桜が根を伸ばせないのが要因のひとつだそうです。
よって、「花(鼻)が低い」と云うことから「お多福桜」とも呼ばれています。

01・京福電鉄:御室駅
01・

02・今日はコダック・レチナがお供しますが、1953年製のカメラなので、片寄った色合いです。
モノクロ時代のレンズでこれだけの発色なら 良しとすべきでしょうね。
02・

03・これ以上伸びません。
03・

04・
04・

05・
05・

06・
06・

07・この八重桜を見て、桜餅が食べたいなぁ! と思うのは ジイだけでしょうか。
07・

08・門の模様  09が全容
08・

09・降雪時の写真で、D300で写した門です。
09・降雪の仁和寺

10・外塀にて。
10・


 07~09日は この続き(御室の桜 02)です。



カテゴリ:京都  ジャンル:写真  テーマ:季節の花たち

trackback(0)  comment(6)


2011/05/01 (Sun) 北摂の春

北摂の山々では そろそろ山桜やコブシが咲くころ と下見なのですが、
「綺麗に咲いていれば・・」と思い、ハッセルを持って出かけました。

箕面の裏山の桜をちらちら見ながら、R173を外れ、府道104:大阪府豊能郡能勢町片山地区へ。
川が合流する先端に一本の桜が。
01・

02・
02・

03・
03・


府道104から府道54に入り、京都府亀岡市畑野町土ヶ畑地区
04・
04・
 雪の多い年は、コブシもたくさん花を付けるのだそうです。


05・「全山コブシ」
05・

06・お気に入りの場所。
06・

07・
07・

08・
08・

09・同じく 府道54で、るり渓の近所です。
09・

10・
10・

11・R173に戻り、帰る途中の能勢町平野にある「おおさか府民牧場」にて。
11・

12・北摂以外の写真を一枚。(番外) 「全山つつじ」
12・番外
 この風景に出会うまで数年探しました。

 ※ 08と09の枠ナシは、トリミングしています。 

 ハッセルブラッドは通常 上から覗く「ウエストレベルファインダー」なので、
 直立での目線がほしいときは下図の様に、カメラを45度傾けて写します。
 よって、ハッセルで写した証しの三角刻み(Ⅴ)は、左端ではなく下になります。

13・上から

14・横から

 今回はコブシが見事に咲いていたので、ハッセルを選んでよかったのですが、
 現像があがるまでは心配でした。
 全写真において、アンダーぎみでしたが、ラチチュードの範囲内におさまり一安心。
 フィルムは フジPN160NC カラーネガです。


 04~06日は、御室仁和寺の桜です


カテゴリ:花や風景  ジャンル:写真  テーマ:季節の花たち

trackback(0)  comment(5)


  TOP  

プロフィール

ハッセルじいちゃん

Author:ハッセルじいちゃん
・・・・・・・・・・・・・・
いろんなカメラでバラエティー
に写真を楽しんでいます。
   

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード