2017/11/19 (Sun) 巨大ツリー

 一昨日のことです。
神戸のメリケン波止場へ出かけました。 

01・

 目的はこれです。

02・


03・

 樹齢約150年の針葉樹アスナロで、
高さ30m超、重さ約24トン。

 12月2日~26日にライトアップされます。 


04・


05・・




スポンサーサイト

カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:祭り/イベント

trackback(0)  comment(2)


2017/11/11 (Sat) ミニ伏見稲荷!?

 ある日、車で走っていると、
連なる鳥居が視線に入った。

01・


伏見稲荷(↓)の鳥居と比べるとかなり違う・・

02・


03・


04・


05・


06・


07・


08・・


 これだけ連なっているのに
名前の分からぬ神社でした。





カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(4)


2017/10/08 (Sun) 首!?

 こんなん撮れちゃいました ・・・


 首が二つも ・・・
01・


 首 無いような ・・ 
02・


 やっぱり無かった!
03・


 撮ってみたけど なんだかキモい ・・・ 
04・・

 




カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:撮ってみた

trackback(0)  comment(2)


2017/09/26 (Tue) 立杭の巨匠

 焼き物が好きになったのは、若い頃
友人と滋賀県信楽へのドライブがきっかけ。

 絵や柄ものではなく、釉薬だけのシンプルな焼き物
が好きだ。


01・

 兵庫には篠山市の今田地区に立杭焼が
あるので訪ねてみることにした。


02・

 最近は電気で焼く窯元も多くなったが
昔ながらの登り窯も健在していた。


03・


 狭い路地をウロウロしていたら
一軒の作陶宅にさしかかった。

04・


 玄関口で 「 こんにちは 」   ・・・  ・・・
返事がない。

 庭へ入ると裏口が開いていたので
そっと一枚写した。

 かなりのご老人だが指の動きはスムースで、
これまでになん万もの器を作ってきたのだろう。


05・・


 それにしても巨匠の頭はなんて見事な輝きだろうか。

 私なんぞは毛髪が邪魔をして
 まだまだ写真界の巨匠にはなれないのだ ・・・。



 ◎ EPSON R-D1s


 ※ 次回は最近写した写真です





カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(2)


2017/09/24 (Sun) あっ島!

 レンジファインダーでの写真話。

 清らかな流れの上和知川上流。
かつてはアマゴ釣りで栄えていたが
今では漁業組合も衰退してしまった。

01・


02・


 古びたバス停はあるが、自家用車の普及で
町をむすぶバスも来るのか来ないのか ・・。


03・


04・


 上流には仏主(ほどす)という集落があり、
数軒が肩を寄せ合っている。

 ある日、風景写真を撮りに行く途中、
道路の真ん中にぽつんと島が ・・・。

05・・

 崖崩れなら土砂ともども道を塞ぐであろうし、
なんとも奇妙な光景であった。



 ◎ EPSON R-D1s




カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(2)


2017/09/22 (Fri) 影の女

 今回のレンジファインダーを覗けば は、
師走の京都です。


 あと七日ほどで除夜の鐘という頃、
祇園かいわいでのカメラ散歩です。

01・


 円山公園のちかくには いもぼう というお食事処があり、
海老芋と棒鱈を煮た料理が名物となっている。
 その横の細道は後期高齢の狸の剥製が
鎮座する。

02・


 年の暮れの忙しさなどは全く感じず、
ほんとうに正月がくるのかと疑いたくなる風情だ。

03・


 八坂神社の南側のゆるい坂が私の好みで
夕暮れの木漏れ日が印象的だった。

04・


 年の瀬ともなると陽の暮れるのも早い。
祇園白川まで戻ってきたら女性が腕組。

05・・

 「 いつまでのほほんと吸ってるの。
   早く帰らないと夕食の準備が出来ないわよ 」


 そんな呟きの聞こえる年の瀬でした ・・・



 ◎ EPSON R-D1s




カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(2)


2017/09/20 (Wed) 時をかける少女

 ネタ切れのため、
 「 レンジファインダーを覗けば 」 を再開です。

 今回のお話の舞台は尾道です。

 尾道といえば坂と寺。
じっさい行ってみるときつい斜面に
びっしりと建つ住宅が印象的だ。

 クネクネと曲がり、
何度も同じ路地に出てしまって
迷子寸前になる。

01・


02・

 野良猫たちは可愛がられ、
街のシンボルにまで昇格している。

03・


04・


 尾道は小説家・林芙美子ゆかりの地であり、
像や石碑が建てられている。
駅近くにもあるらしいが、あまり興味もないので
尾道ラーメンの店を探した。
一軒の店を見つけたが生憎の廃業。
食べたかった事だけが今も記憶に残る。


 尾道でもうひとつ話題になったのが、
アニメや映画の 「時をかける少女」 だ。
 私なんぞは小説には興味がないので
こちらの方がむいていると思う。

05・・

 帰りのホームでのワンシーン。
もしかして映画ヒロインの芳山和子なのか ・・・



 ◎ EPSON R-D1s





カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(4)


2017/09/12 (Tue) 北摂の八坂神社 ⑤

22・


 鳥居をくぐると 一風変わった建物がある。

 ネットで調べたら舞台だそうで、

 時代衣装に身を包み、地区内を練り歩いたあと

 舞台で演目や獅子舞いを演じ、

 天下泰平・五穀豊穣・家内安全を祈る。


23・
    ↑ 舞台の真下



24・


25・


26・


27・・


 
 ◎ SONY α7Ⅱ : Vario-Tessar 24-70mm F4
 

 
 

カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:史跡・神社・仏閣

trackback(0)  comment(0)


2017/09/11 (Mon) 北摂の八坂神社 ④

17・


 この町の八坂神社で検索したら数社が存在。

 秋には各神社で練り込みという祭りがあるんだとか。


18・


19・


20・


21・・
  久しぶりに蟻地獄の巣を見たが、

  クネクネと何かが這った跡が ・・




 

カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:史跡・神社・仏閣

trackback(0)  comment(8)


2017/09/10 (Sun) 北摂の八坂神社 ③

12・

 寂れた神社は白黒が合うが、

 カラーで撮影後、内容を考えての変換がよい。

 加工ソフトがなければRAWで写しておくと

 やりやすい。


13・


14・


15・


16・・



 ◎ SONY α7Ⅱ




カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:史跡・神社・仏閣

trackback(0)  comment(0)


2017/09/09 (Sat) 北摂の八坂神社 ②

07・

 この神社は程よく苔が生えていて

 気温も鳥居の外とは数度低いと思われる。


08・


09・


10・


11・・



 ◎ SONY α7Ⅱ





カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:史跡・神社・仏閣

trackback(0)  comment(0)


2017/09/08 (Fri) 北摂の八坂神社 ①

 ぶっ倒れる十日ほど前の事 ・・・ 


 35度以上の高気温にもかかわらず

 ホームグランドである 北摂地方へ向った。

 途中の小さな集落のバス停で休息。

 キョロキョロしたら、茂みに鳥居が・・・


01・


 カメラを持って入ってみると

 京都の祇園でもないのに「八坂神社」 ・・・


02・


 いい感じに寂れていたので

 北摂での撮影は 忘れることにした。


03・


04・


05・


06・・



 ◎ SONY α7Ⅱ





カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:史跡・神社・仏閣

trackback(0)  comment(2)


2017/09/06 (Wed) ありがた迷惑

 舞台は西成。
阪堺電車は上町線の松虫で降り立ち、
同堺線の北天下茶屋までをうろうろした。

 路地をぬけるとなんだか怪しい臭いが
プンプンする店の前に出た。
01・

02・

 なんかすごく気になったので
「ここは何屋さんですか?」
 「ほーら、また来た!
  私んとこは配電盤の器、あんなんとか
  こんなんとか ・・」

03・
 配電盤もあるが、時計の方が
多い気もする。

04・

 店内をいろいろ写していたら、
奥から台車に載せたエンジンを
出してきた。

05・・
排気管を取り付けてマツダに寄贈するんだとか。

三角形のローターは、私が若い頃に乗っていた
ファミリア・ロータリークーペに積まれた
エンジンと同じだ。

 会話もはずみ、アルミ板に貼り付けた写真を
指し、「僕は0系新幹線が好きなんです。
そやそや、これ 持って帰りますか。」
と、出してきたのは一枚の鉄板。
私のバッグよりも大きくて重いし、
そもそも それで何をするん?ってこと。

 ありがた迷惑なので
丁寧にお断わりした。



 ※ 8日からは、一旦 平素ブログに戻ります。





カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(0)


2017/09/04 (Mon) 時代の流れ

 昔、フライフィッシング(FF)をしていた頃、
上和知川の上流で初めてアマゴを釣った。
それまでは管理釣り場の養殖ニジマス。
上和知川へ幾度か通っていたら木造の
学校を見つけた。
 当時はFFオンリーで学校にはなんの興味も
なかったのだが、FFをやめてから数年後
この校舎を訪ねてみた。

 均整のとれた造りで、昭和期のスタイルが
目の前にひっそりと佇む。
01・


02・


 廃校になってどれ程の年月が経過した
かはわからないが卒業生だろうか、
ひとりの少年がボールを蹴っていた。
03・


04・



05・・

 時代の流れとは恐ろしいものです。
あの均整のとれた木造校舎は
無残な姿となっていて、
講堂だけが和知太鼓の練習場として
生き残っていました。

 町の有識者たちがさんざん考えた末の
選択だったのでしょうか。

 で、一句 ・・


  ・・ 和知太鼓  校舎の跡地  鳴り響く ・・





カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(2)


2017/09/01 (Fri) 三匹の侍

 京都・嵐山での出来事 ・・

 桂川の渡月橋や天龍寺は誰もが訪れる
人気スポットだ。
01・


 なかでも天龍寺境内から少し先の細い小路に
入ると竹林になっていて、なんとも風情のある
世界に飛び込む。
02・

 竹林を少し歩くと左手に野宮神社が現れる。
良縁・子宝・学問の神様が祀ってあり人力車で
訪れる参拝者も多い。
03・


 野宮神社の近くには「日本一ちいさな美術館」
が ひっそりと佇む。
04・


 阪急電車なら桂駅で乗り換え、終点の嵐山駅
下車が普通だが、別ルートを使って
トロッコ嵐山駅で降りるとタイムスリップした
かのような竹取物語の世界へ誘ってくれる。
05・


 竹林のゆるい坂を歩いていたら
三匹の柴犬がお散歩。

06・・

 大中小とちゃんと並んで記念写真。
黄門様と格さん助さんか。
いや、並ぶ順が違うのでさしずめ
TV時代劇 三匹の侍であろう。

そう思うと なんとも逞しく見えてきた。




カテゴリ:その他  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(4)


  TOP  next >>

プロフィール

ハッセルじいちゃん

Author:ハッセルじいちゃん
・・・・・・・・・・・・・・
いろんなカメラでバラエティー
に写真を楽しんでいます。
   

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード