FC2ブログ
2020/01/04 (Sat) 緋色の糸 ④

 撮影会から数か月が経ったある日、

 PCでフォトヨドバシのRANGEFINDER という

 ライカレンズの記事内を見渡し、

07・


08・

 そこから数本のレンズをクリックしたら

 芳山さんの写真が記載されていて

 あの時のレンズの話はこの事だった。

01・



02・


03・


04・


 そして二階ギャラリーで見た卵型の花瓶は

 昔 陶器店で買ったのと同じなので、

 芳山さんに言うと

 へへぇ そうでしたか と

05・


 二人の予期しなかった縁を

 赤い糸でつながっている

 と例えますが、

 スカーレットだけに芳山さんとは

 緋色の糸でつながっていたのだ。

06・・





スポンサーサイト



カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(0)


2020/01/03 (Fri) 緋色の糸 ③

01・

 【 スカーレット 】

 和名では 緋色 といって、やや黄色みの

 ある鮮やかな赤を表す。

02・


03・

 芳山さんが手を休め、私にこう聞いてきた。

 少し前なんですが記者っぽい方が来られ

 やたらライカレンズを褒めていたのですが

 そんなに良いレンズなんですか?


 いいレンズですがそれなりの価格がします。

 と答えて私は二階のギャラリーへ。

04・


05・


 窓際に飾ってある卵型の花瓶に目が留まった。

06・・

 あれ?  この花瓶 ・・・




カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(0)


2020/01/02 (Thu) 緋色の糸 ②

01・


 撮影会ではメンバーが思い思いの所を

 写しながら移動しつつ、ある工房へ入った。

02・

 作家さんの仕事を直に見るのは初めてで、

 邪魔にならぬように撮影。

03・


04・


05・


06・・





カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(0)


2020/01/01 (Wed) 緋色の糸 ①

01・


 NHKの朝ドラ スカーレット。

 たぬきの置き物で有名な信楽が舞台で

 街中が活気づいている。

02・


 運転免許を取得してまもなく、

 友人と信楽へドライブしたことがあった。

 西の端にある一軒の陶器店が気に入り

 結婚してからも何度か訪れたある日、

 卵型の丸い花瓶に惹かれて購入した。



 2012年に信楽での撮影会に参加させて

 いただき、街中をいろいろ撮影した。

03・


04・


05・


06・・





カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(2)


2019/10/02 (Wed) 里坊 ③

01・

 八王子山を借景にした庭園は、地形を

 巧みに利用しながら滝組と築山を配している。

02・


03・


04・・


 ※ 家屋や庭園の撮影は自由だが

 三脚の使用は禁止です。



 ◎ FUJIFILM XF10




カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(2)


2019/10/01 (Tue) 里坊 ②

01・


 邸内には主家の南西に約3.300㎡の庭園が

 広がり、大正年間に建てられた2棟の茶室と

 四阿(あずまや)がある。

02・


03・


04・・



 ◎ FUJIFILM XF10





カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(0)


2019/09/30 (Mon) 里坊 ①

01・

 比叡山の麓にある大津市坂本は、

 門前町として古来から栄てきた。

 里坊は延暦寺の僧侶の隠居所で、

 この旧竹林院もそのひとつである。

02・


03・


04・・



 ◎ FUJIFILM XF10





カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(2)


2019/09/29 (Sun) 参道にて ①

01・

 比叡山のふもと門前町・坂本を探訪。



 昼頃だったので何か食べようと

 一軒のそば屋に入った。

 全席が埋まりなかなかの繁盛ぶり。

 片付いていないテーブルに座り

 注文を待った。

 ・・・  ・・・  ・・・

 ちっとも来ない ・・・  お茶も出ない ・・・

 お食事処はここだけではないので

 何も言わずに出た。

02・


03・


 二件目は立派な建物で何だか高そう。

 思い切って入った。

04・


05・・

 コシのある蕎麦で私好みだった。



 ◎ FUJIFILM XF10





カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(0)


2019/09/04 (Wed) 醒ヶ井宿 ⑤

01・

 2~3日経った某日、TVニュースで

 醒ヶ井の梅花藻が見ごろを迎えて・・

 とアナウンス。

 やはり昨年の台風や豪雨が影響し、

 規模が小さかったらしい。

02・


03・


04・


05・

 これらも醒ヶ井の思い出写真となった。

06・・



 ◎ FUJIFILM XF10





カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:歴史街道

trackback(0)  comment(2)


2019/09/03 (Tue) 醒ヶ井宿 ④

01・

 わが街より2℃低いが湿気とセミの

 鳴き声も合わさって暑さも倍増。


02・


03・

 梅花藻の咲く地蔵川ではペットボトルの

 遡上が始まっていた。  「 ・・・ ・・・ 」

04・

 かんじんの梅花藻だが、昨年の台風や

 豪雨の影響もあってか、全流域で咲く

 様子は見受けられなかった。

05・


06・・



 ◎ FUJIFILM XF10





カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:歴史街道

trackback(0)  comment(4)


2019/09/02 (Mon) 醒ヶ井宿 ③

01・

 訪れたい日は火曜だったが雨の予報

 なので、月曜にした。

02・

 この建物は醒ヶ井郵便局で、現在は

 資料館となっている。

 月曜は休館日なので残念である。

 
03・


04・


05・


06・・



 ◎ FUJIFILM XF10





カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:歴史街道

trackback(0)  comment(0)


2019/09/01 (Sun) 醒ヶ井宿 ②

01・

 宿場町には地蔵川が流れ、ハリヨという

 淡水魚が生息する。


02・

 醒ヶ井は古くからマス類の養殖が盛んで

 街中でもアマゴやイワナの生け簀を

 見ることができる。

03・

 盆休みも終わり、静けさがもどった

 宿場町を期待していたのだが

 けっこう多かった。

 中には高そうな一眼レフを提げた団体が

 一列になり、皆が同じ方向にレンズを向け

 評価をする先生も困るだろうに。

04・


05・


06・・



 ◎ FUJIFILM XF10




 

カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:歴史街道

trackback(0)  comment(0)


2019/08/31 (Sat) 醒ヶ井宿 ①

01・

 一般的な長ーい盆休みも終わり、

 観光客の少ない頃合いを狙って

 梅花藻の咲く醒ヶ井宿を訪れた。

02・


03・


04・


 醒ヶ井へは何度か訪れていて、

 梅花藻が咲きだす5月にも出かけた。

 その時は、下駄ばきの女子に出合った。

 下駄には 永平寺 と墨書きがされていた。

05・


 12キロも歩いたことがあるそうで、

 私は ゲタ女 (ゲタジョ)と命名。

 
 で、醒ヶ井宿ってどこにあるの??


 丁度いい所に蔵があったので

 ★ をつけておきます。 
 
06・・

 四年以上も経過すると琵琶湖の

 面積が増えたような気もするが ・・・



 ※ 薄ぼけた写真は意図的です。


 ◎ FUJIFILM XF10




カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:歴史街道

trackback(0)  comment(2)


2019/08/30 (Fri) 不便なICカード

01・

 米原から200円 と いきなりの画像から

 スタートです。

02・


03・


04・

 醒ヶ井駅へ行こうとICカードの ICOCAで

 電車に乗った。

 乗換案内で料金を調べると¥2.270なので

 往復で¥5.000分をチャージした。


 米原駅で乗り換えなのだが ・・・
 
05・

 駅に大きなポスターが貼ってあり

 醒ヶ井駅は滋賀県なのにJR東海の

 エリアなんだとか。

 米原駅で一旦改札を出て切符を購入

 しなければならない。

 結果、¥2.270とひと駅分の¥200が

 必要となった。

06・・

 切符を買うのに手間取っていたら

 電車に乗り遅れてしまうことにもなり、

 ICカードは便利ではあるが不便でもある。



 ◎ FUJIFILM XF10





 

カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:

trackback(0)  comment(2)


2019/07/26 (Fri) 機織工場 ②

01・

 郵便受けに書かれた名前も

 記憶と一致。

 入り口は虎ロープで塞がれていたので

 窓から覗いてみた。



 おぉー

 白く光る絹糸が見える。

02・


 薄汚れたガラス越しだったので

 PC補正を施しスッキリと。

03・


04・


 記憶では手織りの機械だったのに

 モーターや大きな車輪が目立つ。

05・

 工場の左奥に手織り機があるのか、

 それとも全てを機械化されたのか。



 数年前、西陣織会館へ行ったら

 手職人のイベントが行われていて、

 大きな手織り機も飾られていた。

 60年前の記憶の織機だ。

06・



 なぜこの工場や手織り機に

 こだわるのかって?


 私の母がこの工場で帯を織っていたのだ。

 その帯は京都へ運ばれていたと聞く。



 祖母・叔父・叔母らと暮らしていたが

 訳あって他の地へ移転。

 退職時に一本の帯を貰ったそうな。

07・・

 その帯は今 私の手元にある。




カテゴリ:滋賀  ジャンル:写真  テーマ:ある日の写真

trackback(0)  comment(0)


  TOP  next >>

プロフィール

ハッセルじいちゃん

Author:ハッセルじいちゃん
・・・・・・・・・・・・・・
いろんなカメラでバラエティー
に写真を楽しんでいます。
   

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード